トップページ > プランナーを探す > プランナー詳細

浅野 卓 あさの たかし

  • 所在地 : 東京都
  • 性別  : 男性
  • 年代  : 30代
  • 管理No. : 585
  • 所属      :
  • 浅野国際特許事務所
  • 役職      :
  • 知財経営・農水事業創出領域長
  • 職業区分など :
  • 経営コンサルティング・事業創出、商品開発コンサルティング
保有資格

資格名称

取得年度

国家資格 一級知的財産管理技能士(ブランド専門業務) 2014年
国家資格 一級知的財産管理技能士(特許専門業務) 2015年
国家資格 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務) 2015年
AIPE認定 知的財産アナリスト(特許) 2013年
AIPE認定 知的財産アナリスト(コンテンツ) 2014年
EPS登録 環境プランナー 2011年
農商工連携コーディネーター 2011年
SSI認定 利酒師・日本酒品質鑑定士 2016年
修士(法学)早大 2013年
知的財産修士(専門職)理大 2010年

支援可能な分野・領域

実務経験・支援実績のある農林水産物等
・果樹
・林産物
 
実務経験・支援実績のある専門分野
・新商品企画(市場分析。販売戦略立案等)
・商品の広告・宣伝
・ブランディング
・知的財産保護
・経営戦略・事業戦略立案(資金調達含む)
 
得意分野の実務経験・支援実績の概要・成果

年月日

地域

農林水産物

専門分野

概要・成果

2015年10月~
全国農業協同組合中央会 対象産品が地理的表示(GI)を活用した地域起こしの中核たりうるかを評価する「GI指数」の開発
2014年08月~
全国農業協同組合中央会 JAグループ全体の地理的表示(GI)制度を戦略的に活用した地域活性化ビジネスモデル(ブランド戦略、農観連携に至るアウトカム戦略等)の構築・推進
2014年07月~
愛知県 名古屋学院大学「地域の質を高める地域連携・知識還元型まち育て事業」(文部科学省大学COC事業)
2015年12月~
福島県 復興応援KIRINプロジェクト、『伝統産業「伊達のあんぽ柿」の復活と継承~新たな挑戦』
2011年10月~
奈良県 「吉野杉による快眠プロジェクト」(吉野林材振興協議会賞)

 
貢献できること
◆知財経営・知財戦略を基軸に、理論に裏打ちされたブランド構築、事業モデル構築を専門とします。

◆特に農水分野では地理的表示(GI)や、6次産業化・農商工連携等のプランニングを行っており、『地理的表示のトップランナー』『地域ブランドのトータルプロデューサー』と評されています。

◆地域活性化の実績、地理的表示の実績などについては、別記ウェブサイトをご覧ください。

履歴事項

著書・メディア出演等
≪著書≫
【1】木棚照一編『実践 知的財産法入門 -知財の制度と戦略-』(法律文化社、2017年)
【2】全国農業協同組合中央会編 『JAグループ 地理的表示保護制度 活用マニュアル』(全国農業協同組合中央会、2015年)
【3】『ビジュアル 知的財産マネジメント -知的財産法から知的財産経営への展開- 電子書籍版』(株式会社DTP出版、2015年)
【4】『ビジュアル 知的財産マネジメント -知的財産法から知的財産経営への展開-』(有限会社DTP出版、2012年)

≪論文: 知財経営・ブランド戦略関係≫
【5】文部科学省大学COC事業2015年度成果報告
「知的財産のオープン・クローズ戦略における標準化に潜む問題 -ホールドアップ問題への対処方法の整理と検討-」 名古屋学院大学研究年報1~25頁巻頭論文(名古屋学院大学、2016年)
【6】文部科学省大学COC事業2014年度成果報告
「知的財産権の地域活性化への活用の基礎的考察 -保護期間による限界とその対策-」 名古屋学院大学研究年報1~19頁巻頭論文(名古屋学院大学、2015年)
【7】「ブランド戦略における経験価値と営業 -フリーミアム経済における経験価値-」第2回東和知的財産研究所懸賞論文 入賞(2010年)

≪論文: 農水知財・6次産業化関係≫
【8】「地理的表示(GI)制度の概要とビジネスモデルの構築」 月刊JA金融法務2016年4月号16~21頁(経済法令研究会、2016年)
【9】「地理的表示制度への戦略的対応の方向性 -JA事業モデルの構築に向けて-」月刊JA2014年10月号26~33頁(全国農業協同組合中央会、2014年)
【10】「知的財産マネジメントの第6次産業化への応用 -地域経済を起点とした復興のために-」第3回東和知的財産研究所懸賞論文 入賞(2011年)
【11】「種苗法と商標法の交錯 -第6次産業化推進にあたり直面する名称の問題-(第2~3章)」月刊パテント2014年7月号25~40頁(日本弁理士会、2014年)
【12】「種苗法と商標法の交錯 -第6次産業化推進にあたり直面する名称の問題-(第1章)」月刊パテント2011年8月号43~57頁(日本弁理士会、2011年)

≪論文: 著作権法・コンテンツ戦略関係≫
【13】【単著】「職務著作要件論 -職務著作成立の許容性を探る-」月刊パテント2010年7月号91~118頁(日本弁理士会、2010年)

≪解説記事: 知財実務≫
【14】「国が地域特産品の品質を保証 Gi制度はブランド育成に有効 -地域挙げ連携できるビジネスモデル構築を-」月刊ニューカントリー2016年6月号(北海道協同組合通信社、2016年)
【15】「知的財産制度の勘違いポイント」 IPマネジメントレビュー14号~(知的財産教育協会、2014年)
【16】浅野勝美,浅野卓 「ちょっと知りたい商標管理(全13回連載)」 特許事務所へのコンテンツ配信 2015年2月~連載中(経営資料センター、2015年)
【17】浅野勝美,浅野卓 「フローチャートで見る外国出願と知財戦略(全7回連載)」 東商新聞2014年4月10日~7月10日号(東京商工会議所、2014年)

≪メディア掲載≫
◆農業協同組合新聞 「『鳥取砂丘らっきょう』『ふくべ砂丘らっきょう』GI登録」 2016年3月20日号(農協協会、2016年)

≪講演≫
◆首都大学東京大学院(2012年~)、東京農工大学大学院(2015年~)、東京理科大学専門職大学院(2015年~)、大正大学(2014~2017年)、産業能率大学(2014~2015年)、名古屋学院大学(文部科学省大学COC事業、2014年~)、東京医薬専門学校(2010~2017年)、中小企業大学校(2016年)等にて、知財法・知財経営の講義・研究を担当。
◆知財法や知財経営、ブランド戦略、農水知財、農水表示法、6次産業化に関する講演多数。
 
食農連携推進に係る委員等の実績
◆農林水産省 国立研究開発法人審議会 専門委員(農業部会、2017年~)

◆一般社団法人 地方創生サポート協会・栄え塾 幹事(2017年~)

◆農林水産省関東農政局選定6次産業化プランナー(2012~2013年)など
 
関連サイト